◆5,089人が実証した「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】

3 Way System トレーニング英語教材「 ビジネス英語スラスラパック」の特徴

 シンプルな英文法の構造の提供!

 英文法は、きわめてシンプルです。頭にハチマキを巻いてガリガリ勉強するような代物ではありません。 ましてや中学高校と6年間もかけて学ぶほど大げさなものではありません。
たったのA4用紙一枚ですべてが説明されてしまうほどシンプルです。
3 Way System トレーニング英語教材は、このシンプルさを最大限に取り込んだ英文法の学習プログラムです。

 英語の最大の特徴は、「英語には基本5文型がある」ということです。
英語には型が5つしかない!」 と表現した方が的確かもしれません。
基本5文型をマスターしてしまえば、英文法の8割は理解したようなものです。こう考えると、 英文法なんて3日もあればモノにできそうな気がしてきます。

 が、さすがにそこまで単純ではありません。3 Way System トレーニングが3 Wayと呼ばれる由縁でもありますが、英文法には、基本5文型の他に、 2つの修飾語句がついてきます。副詞修飾語句と形容詞修飾語句です。

 

・・・シュウショクゴク?

 はい、私も意味がよくわかりません。さらに困ったことに、シュウショクゴクと言っても1種類ではなく、 4種類の副詞シュウショクゴクと8種類の形容詞シュウショクゴクがあります。基本5文型との組み合わせを考えると、 実に225種類ものバリエーションがある計算になります。

 これをまともに額面どおり捕らえてしまったのが日本の英語教育。確かに5文型だけでは文法として物足りないのも事実。 やせているだけよりは若干肉付きが良いほうが・・・。とは言え、肉が付きすぎているのも考え物。出すところは出す、 引っ込めるところは引っ込める!それが理想的なプロポーションのはず。なるほど、確かに、 文法のことを英語ではグラマーと言う。そうか! 文法はセクシーでなければいけない

 そこで3 Way Systemでは、基本5文型を〔M5〕と呼び、副詞シュウショクゴクを一括りに〔AD〕、 形容詞シュウ

ショクゴクを一握りに〔FA〕と呼ぶことにし、この〔M5〕・〔AD〕・〔FA〕を、それぞれ独立にマスターしてから、 順番に合体させるという方法を開発しました。すなわち、最初に〔M5〕を完全にマスターし、意識しなくとも脳が自動的に〔M5〕 を認識するようにする。次に〔AD〕を集中的にマスターし、その後〔M5〕と〔AD〕を合体させる。そして最後に〔FA〕 を完全にマスターして、〔M5〕、〔AD〕と〔FA〕を合体させるという方法です。これで〔M5〕・〔AD〕・〔FA〕 が無理なくスンナリ頭に入ります。こうして、A4用紙一枚という理想的な英文法のプロポーションが完成しました。

英文の内容を推測するトレーニング

 それでは、英文法さえマスターすればビジネス英語は読めるようになるのか?残念ながら、答えは「NO」です。3 Way System トレーニング英語教材で英文法を習得しても、 TIME誌のような高度なビジネス英語をスラスラ読むことはなかなかできません。本教材開発者の各務も TIME誌を読みながら 「う〜ん、難しいなぁ」と呟くほどです。

なぜでしょうか?
「わからない単語が出てくるから」「聞いたことのない慣用表現が出てくるから」「文があまりにも長いから」 「日本語で読んでも意味がわからないから」、、、etc。数え上げればキリがありません。

 これらの理由に共通しているボトルネックは何か?

 おそらく、私たちは、相当マジメな人種なのでしょう。無意識のうちに、 あまりにも正確に翻訳しようとする姿勢が、柔軟性を失うという弊害を生んでしまったと考えることができます。

 これも国民性なのかもしれませんが、、現実は案外いい加減です。

一冊の実用書に書いてある重要なエッセンスは全体のわずか10%コミュニケーションにおける言葉が伝える意志伝達量は全体のたった7%。これが現実です。

 重要なことは推測することです。私たちは、 普段の生活の中で、ひたすらに推測しています。その証拠に、たったの7%の意志伝達量しかない会話を、 私たちは理解しているわけですから。

 ビジネス英語をスラスラ読めるようになるためには、100%翻訳する必要はありません。 もっと肩の力を抜いてリラックスしましょう。読めるようになるには、ざっくり10%程度、構造を把握できれば十分です。10%把握できれば、 あとは推測することで、限りなく理解度を100% に近づけることが可能です。

 某お笑い番組のコントで、劇団ひとりがくりーむしちゅーの有田哲平に向かって「空気、読みなさいよ!あなた、 空気読めるでしょ!?」と言い放つシーンがありましたが、まさにそれです。空気を読むのも、英文を読むのも、原則は一緒です。

 まずは、基礎編『3 Way System トレーニング』で、 英文の構造を瞬時に把握する分析能力を身に付ける。そして応用編『Business Reading』で、 英文の内容を推測する能力を養う分析と推測、この2本立てが、『ビジネス英語スラスラパック』の種明かしです。

 本教材開発者の各務(かがみ)も、TIME誌で理解できなかった箇所について、英文を読むことを諦めて、 まずは英文の構造を把握することに集中し、次に図や写真を通して内容を推測した瞬間、朝日に氷が溶けるように、 スーッと内容が理解できたそうです。

ビジネス英語スラスラパックの詳細と購入はこちら



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。