◆5,089人が実証した「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】

3 Way System トレーニング英語教材「 ビジネス英語スラスラパック」最大の秘密の種明かし

  3 Way System トレーニング英語教材 最大の秘密

 「ノリ」と「耳」で英文法を学ぶことが如何に効果的な学習方法であるかは、脳神経学の見地からも説明されます。

 私たちは、普段の生活の中で、1秒間に実に600万バイト以上の情報のシャワーを浴びていると言われています。 すべての情報を吸収することは不可能ですので、私たちの脳は、今何が必要か?を考えて、その目的に基づいて、 情報の取捨選択を無意識のうちに行います。

 特に何も考えずにボーっとしている時は、ほとんどの情報が垂れ流されます。効果的な学習のためには、まず何よりも 「明確な目的」を持つ必要があります。「明確な目的」を定めた瞬間、私たちの脳は、 血の匂いを嗅ぎ取ったピラニアのように必要な情報に食らいつき、脳にがんがん放り込んでいきます。

 3 Way System トレーニング自体の目的は、英文法の習得です。ビジネス英語の読解は、 英文法を習得することによって得られる果実です。
 読解だけではなく、英文作成や会話も、すべて英文法の習得の上に成り立ちます。ところが、一般的に「英文法を習得したい!」 というニーズはありません。私たちが抱く目的の多くは、 「英語が読めるようになりたい」「英語をしゃべれるようになりたい」「TOEICで800点以上を取りたい」 といったものです。

 3 Way Systemでは、受講者の学習

効果を高めるために、受講者が抱く本来の目的に沿ったプログラムを開発することにしました。その第一弾が、 ビジネス英語の読解に特化したプログラム、3 Way Systemシリーズ『ビジネス英語スラスラパック』です。

 「明確な目的」を定めた後は、いかに効率よく情報をかき集めるかがポイントです。読む、という行為は主に左脳の働きです。 左脳は意識の脳とも呼ばれますが、「読む」という行為では、1秒間にせいぜい10バイト程度の情報しか処理することができません。 これに対して、「聞く」という行為は、1秒間になんと40万バイトの情報を処理することができます。「耳」を活用した学習は、「読む」 学習と比べると、理論上4万倍以上の効果を得ることが可能になります。

 3 Way System トレーニングを「聞く」教材としたのも、「聴覚」の処理能力が、「読解」 の処理能力を超越するためです。

 

 聴覚は主に右脳の働きです。右脳は無意識の脳ですので、処理能力は優れていても、ただ放り込むだけでは単なるデータです。 脳内に放り込まれた情報は、自分自身に対して投げかけられる「質問」によって活性化され、新たな知識となって再生されます。 この過程こそが「学習」に他なりません。 3 Way System トレーニング英語教材では、K(英文の文型)を当てるゲームが「質問」の役割を担います。「質問」は、 電気信号となってシナプスと呼ばれる脳内の神経網に流れ込み、無意識のうちに脳内に放り込まれた情報を知識化していきます。

 Kを当てるゲームを繰り返すことで、電気信号をドンっ!ドンっ!ドンっ!と矢継ぎ早に脳内に送り込み、学習を加速させます。 3 Way System トレーニング はもはや勉強ではなく、まさにスポーツです。

 学習の効果を更に上げるためには、学習効果が高い環境を作り出す必要があります。集中していなければ、 折角の目的も質問も情報の収集も台無しです。

 先日、「発掘!あるある大辞典」で紹介されていましたが、ゲームに熱中する若者たちの集中力にはすさまじいものがあります。 自分が好きなこと、好奇心を持てるものには、抜群の集中力が発揮されるといわれています。

 好きなものに対する好奇心や欲求といった感情は、脳内にTRH[甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン]という物質を発生させます。 この物質が、“熱中”という状態をつくりだします。
 
 3 Way System トレーニングが、ラッ プを交え「ノリ」を演出する理由は、”熱中効果”が期待できるためです。

 こうして退屈な英文法をノリで学んでしまえる脳のスポーツ 3 Way System トレーニングが誕生しました。そして今日も誰か が日本のどこかでつぶやいていることでしょう。

なんだかよくわからないけど、できちゃった。

 

ビジネス英語スラスラパックの詳細と購入はこちら



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。