◆5,089人が実証した「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】

スピードラーニングの特長

学生時代に英語の勉強はしたのだけれど、英語が話せない…と実感している日本人は多いと思います。
英語を教科・受験科目としてとらえてきたので「英語は難しい」というイメージがあります。

また、自己主張をするのが下手な私たち日本人は、英語や外国人に対して苦手意識が先に働いてしまい、その気持ちが英語を話せなくさせる原因となります。

こうした英語に対する壁をすべて取り除いてくれるのが、聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング』です。
今までにはない、もっともやさしく、英語を自然に身につけられる画期的な英語教材です。



■ポイント1 ただ聞き流すだけ
スピードラーニングの最大の特長は、ただ聞くだけで英語が身につけられるところです。
従来の学習法は机に向かって暗記したり、文法を重視しながら学習することに集中してきましたが、英語を話せるようになるためには、まず聞き取れるようになることが大切です。

赤ちゃんが言葉を習得する過程がそうであるように聞き続けることで話す能力に発展します。
スピードラーニングは気楽に聞き続けられるように、また生活の中で自然に聞けるように工夫されています。




■ポイント2 英語の後に日本語訳
スピードラーニングは4秒以内の会話をひとかたまりにして、英語の後に同じ内容の日本語が続いて録音されています。

ですから辞書を引くわずらわしさもなく、英語の意味がすぐに分かり、内容を楽しめます。

英語→日本語の順番で聞くことには大きな理由があります。
第1には英語を聞いてすぐにイメージが描けるように、第2には日本語が先では、頭の中で日本語→英語に訳そうとしてしまうので、それを防ぐためです。

英語→日本語の順なら、英語に対する勘が働くようになり、次第に英語をそのまま英語でとらえられるようになります。




■ポイント3 BGMにはクラシック音楽
リラックス状態でテープ(CD)を聞くことができるように、BGMにはクラシック音楽を使用しています。

バロック音楽をはじめとし、ある種のゆるやかな旋律にはスピードラーニングの英語を吸収する際に必要な学習効果を高めるリラックス効果や脳波のアルファー波を増長する効果があります。




■ポイント4 ナチュラルスピードが基本
外国人と話してみて感じることは、日常で使っている英語はとても速いということです。
ゆっくりとした英語に慣れてしまっては、実際に外国人と話したときに戸惑いを感じてしまいます。

ですから、初めからナチュラルスピードに慣れることが大切です。
スピードラーニングは、実践的な英語を身につけていただくために、ナチュラルスピードの会話がそのまま録音されています。




■ポイント5 テキストは1ヶ月遅れで送付
英語を耳から慣れてもらうために、テキストは1ヵ月遅れでお送りします。初めから文字に頼ってしまう従来の学習法は避け、まずは聞くことに集中してください。



■ポイント6 毎月、新しい教材をお届け
一度に多くの教材を送られても、やる気が出てこなかったり、また同じ英語教材ばかりを聞いていても飽きて集中力がなくなることがあります。
そこでスピードラーニングは1ヵ月ごとに新しい内容の教材をお届けするシステムです。



なぜ英語から日本語の順に構成しているの?

 また、このスピードラーニングが英語→日本語の順に構成されていることには、大切な理由があります。

第一は、英語を聞いてすぐにイメージが描けるように、第二の理由は、日本語が先に聞こえると次の英語を聞かずに、自分の頭の中で日本語→英語の翻訳を始めてしまうので、これを防ぐことにあります。

話すという行為は、吸収した多くの言葉から自分に必要な場面に応じて、言葉を再構成して使うのであって、文法や単語を総動員して翻訳するものではないからです。ただ聞き続け、英語のシャワー、英語の環境の中で、イメージとして言葉を吸収していく、それがスピードラーニングなのです。



聞くだけで本当に話せるようになるの?


聞かなければ、話せるようにはなりません。
聞き続けることが、話す能力に発展するのです。

赤ちゃんが言葉を習得する過程が、その最適な例としてあげられます。
赤ちゃんが話せないからといって、話しかけないでいると、その子の言葉を話し始める時期は遅くなります(実際、この種の育児相談が増えているそうです。

調べていくと、どうせ赤ちゃんは話せないのだからと、お母さんは必要なことしか話しかけないというのです)。

  反対に話せない赤ちゃんでもお母さんがいつもいつも話しかけていると、その子の言葉は目ざましい早さで上達していきます。

英語学習においては英語を聞き続け、英語の音やリズムに慣れてくると、日本語訳が助けとなって、聞いたことのある英単語から順に頭に吸収され、スピードが次第に上がってきます。

また、知らないと言いながらも、忘れているだけで英語の単語も結構知っていて、聞きながらそれを確認することができます。

正しい英語を聞いた時に、和製英語の間違いに気づくこともあります。

  お届けするスピードラーニングは、最初のうちは速くて聞き取りにくいかもしれませんが、何度も聞くにつれて言葉が断片的に聞き取れるようになり、やがて速さを感じなくなる状態になってきます。

英語をゆっくり話す教材で勉強して、アメリカヘ行ったら相手が何を言っているのかまったく分からず、すっかり自信を失ったという話をよく耳にします。

親しい間柄なら、ゆっくり話してくれますが、お店やレストランでは相手は手加減せずに話してきます。話し手によっても違いますが、英語の持つスピードにも馴染むことが大切です。

 スピードラーニングには、どのように聞かなくてはならないという法則はありません。
聞きたいだけ聞いていただくだけでいいのです。一つの巻に飽きた頃には次の巻が届きます。

テキストはあくまでも読み書きのための参考ですから、原則としては不要です。見ても参考程度にとどめておいてください。

まず流れる英語の音に充分に慣れることが一番大切です。ですから、聞きとれない部分があっても気にせずそのまま音に慣れ親しんでいくようにしてください。

  スピードラーニングを毎日聞き続け、英語が充満する中に自分を置くことができるようになったら、後は赤ちゃんを見習って、知りたい、伝えたいとだけ考えることです。

「どうせ伝わらないだろう」とか、「間違ったら恥ずかしい」などと考えないことです。

ピアノなどの楽器も、間違いに懲りずに続けるからこそ、上手になるのです。聞きたい一心、伝えたい一心があなたを支えます。

相手を理解したい、自分を伝えたいという思いは、同根なのです。

赤ちゃんでは例が違いすぎると言うなら、方言にどっぷり浸かってきた人はどうでしょう。
自然に染まってしまったご自分を再認識してください。環境があれば、英語にも染まれます。



発売15年、70万人に選ばれた自信
「聞き流す」だけの英語教材『スピードラーニング』
詳しくはここクリック!



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。